Grand Canyon National Park 1

いって来ました、グランドキャニオン。言わずと知れたアメリカを代表する国立公園。世界遺産にも登録され、宇宙から見える地上唯一の地形。数百万年の歳月とコロラド川の急流が造り上げた大自然は、世界中の人たちを魅了し、毎年470万人を超える訪問者たちを圧倒し続けています。

第一日目。Lone Rockから2時間くらいのドライブ。途中、インディアナの方によるハンドクラフトのお店で、ターコイズや鮑貝にこの地の石をあしらったブックマーカーを買いました。他にもローズクオーツやオパール、その他、様々な天然石でできたハンドメイドの可愛いアクセサリーが沢山。どれにしようか迷ったけど、ターコイズには平和、賢明、成功などの他に、旅人を守るという意味もあるよと教えてもらったのでこれに決めました。そこからまた何も無い荒地が続く道を抜け、グランドキャニオンの東側、Desert View Entranceから入園しました。まずはビジターセンターに行ってからルートを決めようと思っていたので、Desert Viewでは何の気無しに、とりあえずだいちゃんのお散歩〜♪とビューポイントまでトコトコ歩いて行ったらそこにはすでに大パノラマが広がっていました。その景色を見て一瞬言葉を失いました。そのあとは、スゴイ、としか言いようがない。「すご〜い、すごいね〜」と子供みたいにスゴイを連発。他の形容詞が出て来ませんでした。この自然を前に言葉は意味を持たなくなったようです。この2週間、飽きるほどの岩山、渓谷を見て来ましたが、グランドキャニオンはまた別格でした。息をのむほどの美しさ。「自然を前に人間なんてちっぽけに感じる」とか、そういう言葉に今まで何となくピンときていませんでしたが、今回初めてその意味を肌で感じました。この日の天気は曇り。それはそれで良い。厚い雲の隙間から見える岩山はまるで、天空の城ラピュタ。残念ながら写真には写ってなかったけど、虹も出ていて、色々な表情が見れて良かったです。そんな中、時折視界は晴れ、大渓谷が全貌を現してくれました。この地球は美しい。ここに来れて良かったです。そこから二つのビューポイントに立ち寄り、キャンプ場へ。場内に入るとエルクがお昼を食べているところでした。こんなに近くで見たのは初めて。かわいい。お尻のところは白くて、後ろから見ると大きな鹿みたい。キャンプ場で場所を決めて、私たちも遅めの昼食。その間もエルクは私たちの隣の区画まできて、ムシャムシャ。げ、舌が長〜い。前から見るとラクダみたいでした。

Kommentar schreiben

Kommentare: 0