Valley of Fire State Park

ラスベガスから車で1時間ほどのところに位置する、バレーオブファイヤー。朝早くに到着したことが功を奏してか、まだ車も少なかったので、車で少し走ると野生の山ヤギを見ることができました。太いツノにピンと伸ばした背中、脚の筋肉も引き締まっていてとても凛々しい姿でした。彼らもいっときそこにいたので、何分間か車の中から眺めていました。またしばらく車を走らせると、今度は何色か混じった色の岩山。車を降りて、トレイルを歩いてみることにしました。岩はこれまでもう飽きるほど目にした赤茶に加え、薄いピンク、オレンジ、黄色、白っぽいものから、緑色まで様々な色が混ざり合っていました。日本でも硫黄を含んだ石が黄色だったりするけど、それに似たような感じだと思います。前日が雨だったこともあり、トレイルの途中に突如大きな水たまりが。深くないなら、とズボンをまくり上げて進みましたが、まあ水の冷たいこと。足がキンッとなって感覚がなくなりそう。それでもキーキー言いながら水たまりを越えて行きました。また少し車を走らせ、ここでの目玉The Waveへ。波線が綺麗に入っている岩を見ることができます。一番綺麗に波模様のある岩のてっぺんに行きたかったのですが、そこではインスタグラマー達がずーっと座っていて、綺麗な写真が撮れませんでした。インストラクターのような人が写真の撮り方を教えてたみたい。それはまだいいのですが、ナショナルパークやステイトパークなどではドローンが禁止されています。それでも構わず禁止区域内で飛ばしている人たちを見ると、この人たちは自分さえよければいいんだよね、と残念に思います。最後にダイキのカッコイイ一枚が撮れたので、このブログのタイトルのところに載せておきます🐕

 

Kommentar schreiben

Kommentare: 0