Route 1

サンフランシスコから西海岸沿いを南下しています。ルート1こと国道1号線は主に海岸沿いを南北に走る国道です。サンフランシスコ後も2、3日雨が降ったり止んだりの天気でしたが、それでもPinnacles National Park やPebble Beachに立ち寄った時にはちょうど雨が止んでくれていてラッキーでした。Pebble Beach ではアシカにラッコ(子供のラッコをお腹に乗せたママラッコ、石でガチガチ貝を叩き割るラッコたち、双眼鏡と、近くにいるものは肉眼でもハッキリと見えて可愛かった。)、イルカに会うことができました。それからまた別の日にはゾウアザラシが集るというポイントにも行ってみました。雄のゾウアザラシは12月から3月までの間だけここカリフォルニアにいるようです。体長約3〜4m、体重約2トンにもなり、雌と比べると約3倍。近くで見るとかなりの迫力がありました。そしてさらに南下し、SolvangとSanta Barbaraへ。ソルバングはデンマーク調の可愛らしい町。シバ犬を連れた日本人のご家族とすれ違い、しばしの雑談。ベーカリーで焼きたてパンを買ってランチ。サンタバーバラはスペイン調の港町。ビーチも芝生に砂浜にと綺麗に整えられていて、天気も良くてダイキのお散歩にも最適でした。街にあるショップやカフェもおしゃれなところがたくさん。いつもはあまり時間をかけて一つ一つのお店を見て回る方ではないのですが、ここではいくつもの店内をブラブラし、ウインドーショッピングを楽しみました。雑貨屋さんで夏らしいカーテンとマットを購入。夜ごはんにはHibachi、鉄板焼きを食べに行きました。アメリカ全土、どこにでも鉄板焼き屋さんはあるのですが、どこでも表記はHibachi。大抵のレストランではHibachi &Sushiと書いてあります。最初に見たとき、火鉢?何?って思ったけど、鉄板焼きのことと知って、笑。寿司カウンターには日本人シェフが立っておられましたが、鉄板焼きのシェフは現地の方々。やっぱりアメリカですね。想像通り、パフォーマンスが派手でした。生卵を上手にヘラの上でジャンプさせたり、出来上がった焼き飯をお椀ごとクルッと回転させてみたり。視覚でも楽しめ、お見事でした。そしてZuma Beachへ。この日嬉しかったことは、鯨が見られたこと。朝から2頭の大きな鯨が水しぶきとともに、尻尾以外のほぼカラダ全体を水面上に出していました。一瞬、ほんの数秒でしたが、偶然にも見ることができて、サンドロと二人、わーっと興奮してしまいました。そのあとは鯨がカラダ全体を見せることはなかったけれど、それでもコンスタントにしぶきをあげたり、尻尾が見えたりしてトータルかなりの数の鯨を見ました。ルート1では海に暮らす野生動物をたくさん見ることができ、とてもいい経験となりました。

Kommentar schreiben

Kommentare: 0