Baja California, First Week.

22日に無事国境を越え、メキシコ入りしました。国境での手続きは事前に下調べしていた通りで、スムーズに終えることができました。21日に、以前フロリダで知り合ったドイツ人カップルとサンデイエゴで合流して、国境手続きから25日まで一緒に行動していました。24日にはクジラウオッチングを体験しました🐳10人乗りのボートで海に出るのですが、次のお客さんが9人グループだったので、私たちは3人プラス(友達の一人は船酔い持ちのためお留守番)ガイドさんというプライベートボートに乗れました。海に出て20分程ボートを走らせると、クジラがいる!いる!ガイドさんがボートを止めるとすぐに真下を泳ぐクジラが見えました。クジラポイントに着いた直後にこんなに近くで見れるとは!そのクジラはボートの真横に上がってきて、ガイドさんが触ってみてと合図。生まれて初めてクジラにタッチ🐳かなり肉厚で柔らかかった。クジラの全長はボートよりも大きく、皮膚には所々貝がこびりついていて、テニスボールくらいの大きさの目は思ったより下の方についていました。鼻?空気孔は三つの穴があり、何度も何度もプシューッとならしていました。臭いと聞いていましたが、臭くはなかったです。そこからまた次のポイントへボートが走ります。次のポイントに到着する直前、前方にジャンプするクジラたち。海面から頭をあげて縦に4回ジャンプする姿を見れました。感動して思わず拍手!写真では小さくしか見えていないけど、肉眼で見るとカッコよくて、スゴかった。その後ポイントに着いてしばらくすると、クジラの親子が近づいてきました。ガイドさんによると子供クジラは生後3ヶ月くらいなんだそうです。すでに5mくらいはあったな。子供の方が、ボートとママの間を戯れるようにして何度もボートにすり寄ってきていました。カラダを回転させたり、ママの周りを右に左に下にとウロウロしていて、可愛い。ママクジラはほぼジッとしていて、子供を自由に遊ばせているようでした。この子供クジラちゃん、本当に幾度どなくボートに寄ってくるので、ここでもまたクジラをなでなで。可愛いな〜。デカイけど。口のあたりも触ってみたけど口は常に固く閉じられたままでした。ガイドさんに聞いてみると、歯は無く、鯨ヒゲがあるそうです。口の周りにはサボテンみたいなトゲトゲのヒゲがありました。

こうしてクジラウオッチング終了。ただクジラの近くまでいってを眺めるだけかな〜くらいに思っていたので、まさか触れるとは!今回、期待以上の体験ができ、またいい思い出の一つとなりました。

 

 

Kommentar schreiben

Kommentare: 0